本文へ移動

【東京五輪】日本、金メダル2個獲得し通算15個も中国に並ばれる

2021年7月29日 22時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柔道男子100キロ級で優勝し、金メダルを手にするウルフ・アロン

柔道男子100キロ級で優勝し、金メダルを手にするウルフ・アロン

 東京五輪7日目、29日のメダル獲得競技は終了した。日本は柔道で2個金メダルを獲得し、通算15個に。金メダルの獲得数はトップを維持したが、6日目に1個差だった中国が競泳で2個、卓球で1個、計3個の金メダルを獲得し並ばれた。銀、銅メダルの獲得数は中国が多いため、ランキングでは中国がトップとなった。米国は金メダルを3個獲得して計14個で変わらず3位につけている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ