本文へ移動

東京五輪・パラ経済効果は1436億円と関西大試算 「アスリートをたたえるセール」で無観客損失カバーできるか

2021年7月29日 19時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 関西大学(大阪府吹田市)は29日、経済波及効果の分析で知られる宮本勝浩名誉教授が東京五輪・パラリンピックの終了後、全国の主な百貨店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、家電大型専門店で「アスリートをたたえるセール」が実施されたときの経済効果について試算した結果、約1436億3173万円になると発表した。
 宮本名誉教授は「今回、新型コロナの影響でマイナスの経済効果ばかりが強調される大会となってしまった。しかしながら、アスリートたちが私たちを元気づけ、感動を与えてくれたことに感謝してお祝いする『アスリートを称えるセール』を実施すれば、無観客により失われると言われるチケット代約900億円をはるかに超える経済効果がもたらされることが期待できる」と述べている。

五輪マーク

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ