本文へ移動

【中日】先発ロドリゲスが5回無失点 高松は2安打2盗塁躍動!エキシビションマッチ、西武に連勝

2021年7月29日 16時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武戦に先発したロドリゲス

西武戦に先発したロドリゲス

◇29日 エキシビションマッチ 中日2ー1西武(バンテリンドームナゴヤ)
 エキシビションマッチ2連勝スタートとなった。中日の先発のジャリエル・ロドリゲス投手(24)が5イニング2安打5奪三振で無失点に抑え、チームに流れを呼び込んだ。
 打線は互いに無得点で迎えた5回二死二塁から武田の右越え三塁打で先制すると、6回には福田の中前打で追加点を挙げた。
 「1番・二塁」で先発出場した高松渡内野手(22)が2本の内野安打と2盗塁を決め、自慢の俊足でアピールに成功した。2試合連続スタメンとなった根尾昂内野手(21)は2打数無安打1三振で、7回から交代となった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ