本文へ移動

日曜6Rは牝馬サブライムアンセムに注目 コンビ組む福永は「マイル良さそう」高評価【メイクデビュー新潟】

2021年7月29日 15時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 8月1日の日曜新潟6R(芝1600メートル)でベールを脱ぐサブライムアンセム(牝2歳、父ロードカナロア、栗東・藤原英)は、重賞2勝(東スポ杯2歳S、札幌2歳S)のコディーノ、フローラSを制したチェッキーノの近親だ。
 22日に栗東CWで6F84秒9―38秒6―11秒7。今週は同じくCWで6F85秒2―38秒2―11秒7を計時して、古馬1勝クラスに先着。感触を確かめたコンビを組む福永は「いい動きをしていました。マイルという距離も良さそうです」と高評価だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ