本文へ移動

戦国時代の人、大変だったね 伊那の児童ら火おこし練習

2021年7月29日 05時00分 (7月29日 15時38分更新)
「武田信玄狼煙リレー」を前に火おこしに挑戦する児童たち=伊那市西春近公民館で

「武田信玄狼煙リレー」を前に火おこしに挑戦する児童たち=伊那市西春近公民館で

 伊那谷などを舞台に、戦国武将・武田信玄が情報伝達に使ったとされる狼煙(のろし)を再現する「武田信玄狼煙リレー」を開くのを前に、主催者の「武田信玄狼煙会」は二十八日、小学生対象の講習会を伊那市西春近公民館で開いた。子どもたちはやぐらを組み、火おこしに挑戦した。 (清水大輔)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧