本文へ移動

瀬戸大也が決勝進出!出場3種目ラストの200m個人メドレーでついに今大会初メダル挑戦権【東京五輪競泳】

2021年7月29日 12時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子200メートル個人メドレー準決勝を終え、ガッツポーズする瀬戸大也

男子200メートル個人メドレー準決勝を終え、ガッツポーズする瀬戸大也

  • 男子200メートル個人メドレー準決勝を終え、ガッツポーズする瀬戸大也
  • 瀬戸大也
◇29日 東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー準決勝(東京アクアティクスセンター)
 200メートル個人メドレーは準決勝が行われ、瀬戸大也(27)=TEAM DAIYA=は全体3位の1分56秒86で今大会自身初の決勝進出を決めた。
 瀬戸は400メートル個人メドレーは予選で敗退、200メートルバタフライも準決勝で姿を消す不本意な結果に終わり「めちゃくちゃ流れが悪い」と首をかしげた日本男子競泳界のエースだったが、この日はスタートから全開。終盤も力強く泳ぎ切り、決勝に駒を進めた。
 世界選手権やオリンピックで数々の好成績を残した瀬戸は、昨年に不倫スキャンダルで大会出場資格の停止、所属先からの契約解除を経験。苦難を乗り越え、30日の決勝で今大会最後のレースに挑む。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ