本文へ移動

「校内にある防空壕残そう」 久居農林高放送部員らドキュメンタリー制作

2021年7月29日 05時00分 (7月29日 13時03分更新)
放送部員らが保存整備した防空壕=津市久居東鷹跡町の久居農林高で

放送部員らが保存整備した防空壕=津市久居東鷹跡町の久居農林高で

 津市久居東鷹跡町の久居農林高放送部が、部員らで同校の敷地内にある防空壕(ごう)の保存・整備に取り組んだ。太平洋戦争の体験者が減る中、遺跡として残すことで、戦争の悲惨さを後世に伝えることが目的。保存の経過はドキュメンタリー映像にまとめ、三十一日に市内で始まる催しで上映される。 (松本貴明)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧