本文へ移動

中日・大野奨太が2二塁打&4投手をリード…34歳存在感「結果を残さなくては」【エキシビションマッチ】

2021年7月29日 08時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回裏無死、大野奨が左越え二塁打を放つ

3回裏無死、大野奨が左越え二塁打を放つ

◇28日 エキシビションマッチ 中日5―1西武(バンテリンドームナゴヤ)
 2軍から合流の大野奨が存在感を示した。3回に左越え二塁打、8回には右中間を破る二塁打を放ち、「自分のできる事、やらなくてはいけない事に集中してプレーしました」。守っては先発・松葉ら4投手をリードし、1失点に抑えた。前半戦は1軍出場なしに終わったプロ13年目の34歳。「結果を残さなくてはいけない立場なので、ワンプレーずつしっかりやっていきたいです」と意気込んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ