巨人・サンチェス 日本のボール「ちょっと滑る」対策を実施

2020年3月21日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 21日のDeNA戦(東京ドーム)に先発予定のサンチェスがジャイアンツ球場で調整した。ここまでオープン戦は3試合、7イニング2/3で防御率10・57。日本のボールに対して「ちょっと滑る。握りづらい」と話していたが、その対策を実施。2週間ほど前からコーチ陣の勧めを受け入れ、投球練習の際には10球ごとにボールを新球に変える工夫をしている。手になじむ前のボールに適応できるようにするのが目的。「これまでと同じようにアピールできるようにやっていきます」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ