年俸3億4000万円の巨人・サンチェスが3イニング無失点「自分の持ち味は出せた」

2020年3月21日 16時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇21日 練習試合 巨人ーDeNA(東京ドーム)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)がDeNA戦に先発し、3イニング4安打無失点だった。
 走者を背負っての投球が続いたが、落ち着いてた。2回には無死一、二塁としたが、宮崎を146キロ直球で遊撃への併殺打、続く伊藤光を147キロ直球で二ゴロに仕留めピンチを切り抜けた。
 昨季は韓国リーグで17勝を挙げ、年俸3億4000万の助っ人もオープン戦3試合で防御率10・57と開幕に向け不安の残る数字だった。日本のボールに「やや滑る」と話すこともあったが、この日は直球、変化球ともにしっかり操り「自分の持ち味は出せたと思う。ゴロを打たせられたし、この期間を大切にし開幕に合わせていきたいね」と振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ