本文へ移動

【ラモス評論】完璧な試合運びだったフランス戦 戦うたびに、日本は成長している!

2021年7月29日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランスに勝利し、喜ぶ板倉(中央左)と冨安(同右)

フランスに勝利し、喜ぶ板倉(中央左)と冨安(同右)

 完璧な試合運びだった。3点目が決まった瞬間、フランスが完全に戦意を喪失した。森保ジャパン過去最高の試合内容。南アフリカ戦の勝利で硬さがとれ、メキシコ戦での試合運びのまずさをきっちりと反省し、まったく危なげなくフランスを退けた。戦うたびに、日本は成長している。
 引き分けでも1位突破。0―1敗戦でも決勝トーナメント進出が決まるという状況で迎えた1戦。有利であることは間違いないが、ひとつ間違えれば痛い目にあう。こういう戦いは結構難しいが、選手たちは共通理解をきっちりと作り上げていた。
 きちんと守ってから、ゴールを奪いにいく。ボールを奪っても、カウンターが難しい状況ならじっくりとボールを動かし、ポゼッションしてから再びテンポアップする。状況を見極め、リスクマネジメントしながら、ゴールを狙い続けた。そして前半27分、田中碧の縦パスから一気に崩し、波状攻撃から久保が決めた。
 その後も攻撃の手を緩めない。ボールを動かしながら相手を走らせて消耗させ、前半34分、今度は遠藤の縦パスからスピードアップし、最後は酒井が押し込んだ。
 ベンチとピッチの一体感がすごい。森保監督の狙いをピッチの選手がしっかりと理解し、1人1人が判断しながらピッチの上で表現していく。控えの選手も同様だ。全員が金メダルを手にするために何をすべきかを考え、一丸となって戦っている。
 冨安も復帰した。ニュージーランド戦は酒井が出場停止となるが、橋岡の慣らし運転もすんだ。板倉、中山のボランチ、旗手のサイドバックといろいろなオプションを再確認。5人の交代枠をすべて使い、久保建、遠藤、堂安を休ませることもできた。何よりも、けが人が出なかったことが大きい。ここからは一戦必勝。まずはニュージーランド戦にむけ、最高の準備を整えるだけだ。(元日本代表)
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ