本文へ移動

吉田麻也「ソフトボールに負けてられない」 久保建「最後たまたま決めているだけ。これから一発勝負」【東京五輪サッカー】

2021年7月28日 22時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本―フランス 前半、先制ゴールを決め、喜ぶ久保建

◇28日 東京五輪 サッカー男子1次リーグ  日本4ー0フランス(日産スタジアム)
 日本は28日、フランスと1次リーグの最終第3戦を4ー0で大勝。1次リーグ突破を果たした。久保建英(20)=レアル・マドリード=が五輪本大会では日本男子史上初となる3試合連続得点を決めたほか、酒井のゴールで前半のうちに2点をリード。後半に入り、三好と前田が駄目を押した。この結果、3戦3勝の勝ち点9でA組1位となり、決勝トーナメント進出が決定。31日の準々決勝でB組2位のニュージーランドと対戦する。

日本―フランス 前半、先制ゴールを決める久保建(右)

▽日本・森保監督「勝って決勝トーナメントに進もう、やってきたことを出そうと話した。いいところは伸ばし、改善することは改善して、決勝Tに臨みたい」
▽吉田主将「自分たちの目標はもっと高いところにある。(決勝トーナメントでえは)チームとしてはアグレッシブに泥くさく戦いたい。個人的には、自分の仕事はこれからだと思っている。ソフトボールの上野選手など、他競技からいろんな刺激を受けている。負けていられない」
▽久保建「(3連発)試合前の準備、チームの連携、いろいろと話して連動、連係の中で、最後たまたま決めているだけ。1次リーグを勝ち点9で終われて非常にうれしいが、これから一発勝負、何が起こるか分からない。(相手はNZ)ゼロで押さえ、点をたくさん取って、勝ちたい」
【おすすめ記事】
◆2戦連続弾の久保建英「勝負を決めるとしたら自分」『日本の至宝』が有言実行
◆リオ王者ブラジル、まさかの0-0 コートジボワール相手に数的不利を耐える
◆「十年ぐらい前から進歩してない」なでしこ敗戦にネット上で厳しい声…「スピード感がなさすぎる」
◆本田圭佑「おい、ひろき」酒井宏樹に対する連続ツイートに「国境を越えた漫才」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ