巨人・岡本が猛打賞で“開幕2連勝”

2020年3月23日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人-DeNA 2回裏無死、巨人・岡本が左中間へ先制本塁打を放つ。捕手伊藤光=東京ドームで(北田美和子撮影)

巨人-DeNA 2回裏無死、巨人・岡本が左中間へ先制本塁打を放つ。捕手伊藤光=東京ドームで(北田美和子撮影)

  • 巨人-DeNA 2回裏無死、巨人・岡本が左中間へ先制本塁打を放つ。捕手伊藤光=東京ドームで(北田美和子撮影)

◇練習試合 巨人8-1DeNA

 巨人・岡本がチームを幻の“開幕2連勝”に導いた。3打点と存在感を示した前日に続き、この日も先制ソロを含む3安打2打点の大暴れ。「あまり細かいことを考え過ぎずに。いいところ、悪いところを割り切ってやっているのがいいのかな」と好調の要因を自己分析した。
 0-0の2回先頭。ピープルズの直球系の甘い球を「見ていっても仕方ない」と積極的に振り抜き、弾丸ライナーで左中間席に突き刺した。3回無死一、三塁の好機でも左前適時打を放ち、5回の先頭で迎えた第3打席は石田から中越え二塁打。原監督は“令和の若大将”をこう評した。
 「ずっといい状態できて、なだらかな上昇ラインだと思います。迷いがあまりない」。オープン戦は15試合で打率3割5分6厘、3本塁打、10打点。チームは4引き分けを挟む9連敗などで3年ぶりの最下位となったが、主砲は好調を維持している。「一日一日をしっかり、先を見ずにやっている」。岡本が“日々是好日”の精神で開幕の時を待つ。 (中野雄太)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ