本文へ移動

<くらしとお金の相談室> Q. ジュニアNISAまだ使える?

2021年7月29日 05時00分 (7月29日 05時00分更新)
 子どもの大学進学に向けて、教育資金の準備を考えています。国の「ジュニアNISA(ニーサ)」は、投資の利益が非課税になる制度とのことですが、2023年末をもって終了すると聞きました。今からでも始めるメリットはあるのでしょうか。また、終了後は課税されてしまうのでしょうか。 (50代男性)

 <回答> ファイナンシャルプランナー(FP) 石原玄紀(いしはら・げんき)さん 1979年、名古屋市生まれ。証券会社勤務を経て、金融商品仲介業「きわみアセットマネジメント」の金融アドバイザー。FPの国際資格CFPや宅地建物取引士の資格を持ち、投資情報サイトの監修者などを務める。

A. 非課税、終了後も継続 


 
 

石原玄紀さん

ジュニアNISAは「未成年者少額投資非課税制度」の愛称。教育資金など、子どもや孫の将来に向けた資産形成のための制度で、2016年にスタートしました。利用できるのは0〜19歳(23年1月以降は成人年齢の引き下げで17歳まで)の未成年。株式や投資信託などを購入し、配当や分配金、値上がり益を受け取る際は通常、約20%の税金がかかりますが、この制度を使えば5年間、非課税となって全額受け取れます。
 投資できる...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報