本文へ移動

【中日】松葉5イニング無失点、4番福田が先制ソロ

2021年7月28日 19時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表を終え、ベンチに引き揚げる松葉

4回表を終え、ベンチに引き揚げる松葉

◇28日 エキシビションマッチ 中日5ー1西武(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の松葉貴大投手(30)は先発で5イニングを5安打無失点。4度も得点圏に走者を背負いながら粘りの投球で無得点に抑えた。
 6回まで両軍とも無得点が続いたが、4番・福田永将内野手(33)が均衡を破った。7回先頭で、4番手・田村が投じた146キロの直球を捉え、左中間へ先制ソロ。同点とされた8回には、先頭の大野奨が右中間を破る二塁打を放ち、根尾の犠打で一死三塁。1番・京田の二塁ゴロの間に代走・高松が一気にホームインし、勝ち越しに成功した。
 根尾昂内野手(21)は「9番・中堅」で先発出場。3回1死二塁で一、二塁間を破る右前打を放つなど、2打数1安打1三振、1犠打だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ