本文へ移動

「落ちる選手見たのはじめてや…」『新井千鶴×タイマゾワ』死闘 SNSでも話題沸騰【東京五輪・柔道】

2021年7月28日 18時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
目を腫らしながら、新井千鶴と死闘を演じたタイマゾワ(AP)

目を腫らしながら、新井千鶴と死闘を演じたタイマゾワ(AP)

  • 目を腫らしながら、新井千鶴と死闘を演じたタイマゾワ(AP)
  • 女子70キロ級準決勝 延長の末、新井千鶴の絞め技で失神して動かないタイマゾワ(右端)
◇28日 東京五輪 柔道女子70キロ級準決勝(日本武道館)
 日本の新井千鶴(27)=三井住友海上=と、マディナ・タイマゾワ(ロシア・オリンピック委員会)の16分を超す熱戦はツイッターでも話題となった。
 新井への声援、激励の声はもちろん、「もうどっちにも金メダルあげて」「タイマゾワ選手、ちゃんと目の治療をしてもらってください」「勝った新井も凄いが、タイマゾワ最後までタップしないのも凄いわ」「オリンピックで落ちる選手見たのはじめてや…」「最後落ちるまで粘ったんか。凄い選手だな」と、右目を腫らしながら、戦い抜いたタイマゾワへの声援も多かった。
 延長戦に入った試合は16分41秒、新井が送り襟絞めでタイマゾワを“失神”させた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ