本文へ移動

「入場から誰よりも楽しそうに全部やり通しました」本多灯、男子第1号の銀メダルに喜び【東京五輪競泳】

2021年7月28日 13時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子200メートルバタフライ、銀メダルを手に喜ぶ本多灯

男子200メートルバタフライ、銀メダルを手に喜ぶ本多灯

◇28日 東京五輪 競泳男子200メートルバタフライ決勝
 今大会で日本男子競泳陣初メダルとなる銀メダルを獲得した本多灯(ともる、19)=アリーナつきみ野SC=のTVインタビューなどの主な内容は以下の通り。
 ―レースを振り返って
 「僕のレースを、レースプラン通りにできたことが銀メダルにつながったのだと思う。今までサポートしていただいたコーチや、スタッフやチームのみなさんにありがとうと伝えたい」
 ―自己ベストを出しての銀メダル
 「本当に前半は落ち着いていけたと思うので、後半踏ん張るだけだった。すごくいいレースができた」
 ―今大会男子最初の決勝進出。緊張は
 「緊張していたんですけど、でも楽しむことが第一だった。誰よりも楽しむということを意識して、入場から誰よりも楽しそうに全部やり通しました」
 ―先輩たちがつないできたメダルも続いた
 「本当に途切れさせないことを考えていたのですごくうれしい」
 ―多くの人が拍手を送っていた
 「本当にうれしいです。ありがとうございます、応援」
 ―改めて銀メダルの重みは
 「本当に実際に思ったより重く感じる」
 ―笑顔で勇気をもらえた子どもたちも多いのでは。メッセージを
 「本当に応援ありがとうございました。また笑顔を届けられるように僕も頑張っていくのでみなさんもコロナに負けずに頑張っていきましょう」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ