本文へ移動

苦労人・武良竜也200m全体6位で決勝進出 コロナ禍でアルバイト生活… 平泳ぎ5大会連続メダルなるか【東京五輪競泳】

2021年7月28日 12時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子200メートル平泳ぎ準決勝 全体6位で決勝進出を決めた武良竜也

男子200メートル平泳ぎ準決勝 全体6位で決勝進出を決めた武良竜也

◇28日 東京五輪競泳男子200メートル平泳ぎ 準決勝(東京アクアティクスセンター)
 競泳男子200メートル平泳ぎは準決勝を行い、武良竜也(25)=ミキハウス=は2分8秒27で全体6位となり決勝進出。佐藤翔馬(20)=東京SC=は全体10位で準決勝敗退となった。同種目の決勝は29日午前。
 武良は100メートル平泳ぎに続いて、200メートルでも予選を全体8位で突破。準決勝では1組第6コースに登場し、100メートル平泳ぎではかなわなかった決勝進出をたぐり寄せた。
 男女合わせて5大会連続となる平泳ぎでのメダル獲得は、コロナ禍でアルバイト生活も経験した苦労人の武良に託された。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ