本文へ移動

難聴児療育、保護者の役割探る 飛騨特別支援学校が学習会

2021年7月28日 05時00分 (7月28日 12時09分更新)
自らの経験を踏まえ、保護者の役割について語る斎藤さん=高山市山田町の飛騨特別支援学校で

自らの経験を踏まえ、保護者の役割について語る斎藤さん=高山市山田町の飛騨特別支援学校で

 飛騨地域に住む難聴児の保護者らを対象とした学習会が二十七日、高山市山田町の飛騨特別支援学校であった。飛騨地域には聴覚障害の専門機関がなく、充実した医療や療育を受ける機会が限られている。難聴児の切れ目ない支援体制をつくろうと、同校が初めて企画した。 (横田浩熙)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報