ロッテ・佐々木朗希 スライダー&フォーク解禁に井口監督が絶賛

2020年3月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
変化球を交え、打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗=ZOZOマリンスタジアムで(平野皓士朗撮影)

変化球を交え、打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗=ZOZOマリンスタジアムで(平野皓士朗撮影)

  • 変化球を交え、打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗=ZOZOマリンスタジアムで(平野皓士朗撮影)
 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=が27日、ZOZOマリンで2度目のフリー打撃に登板し、初めて打者相手に変化球を投げ込んだ。安田と山口を相手に力強い直球にスライダー、フォークを交えて40球を投げ、安打性の打球はわずか2本。最後の1球はこの日最速の156キロで締めくくった。
 「よかったボールも悪いボールもあった。もっといいボールを投げられると思うので経験を積んでレベルアップしていきたい」。球種を伝えた上でファウルや空振りを奪った圧巻投球。それでも向上心旺盛な右腕に満足した様子はなかった。
 井口監督は切れ味鋭いスライダーを「キャッチャーが対応し切れていないところも。かなり切れがある。バッターも分かっていて手が出ない」と高評価。吉井投手コーチは「18歳でいきなりあんなバッティングピッチャーはできない。変化球でそこそこストライクを決めていた」と感嘆した。
 次回予定は4月3日のシート打撃登板。球種伝達なしで打者の反応を確認できる環境だ。実戦登板に向け、さらにステップアップしていく。 (小林良二)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ