本文へ移動

豊川悦司「夢のような時間でした」上白石萌歌と水をかけあうシーンに「娘がいるんですが、もうそんなことしてもらえない」

2021年7月27日 22時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつを行った(左から)細田佳央太、上白石萌歌、豊川悦司

舞台あいさつを行った(左から)細田佳央太、上白石萌歌、豊川悦司

 映画「子供はわかってあげない」(沖田修一監督、8月20日公開)の完成披露上映会が27日、都内で行われ、主演の女優上白石萌歌(21)、豊川悦司(59)らが登場した。
 田島列島さんの長編同名漫画が原作。幼いときに両親が離婚した水泳選手の主人公・美波(上白石)が、父親(豊川)を探す旅を描く。
 映画では上白石と豊川が海で一緒に泳いだりホースで水をかけあうシーンがあるが、豊川は「僕にも萌歌ちゃんぐらいの娘がいるんですが、もうそんなことしてもらえないわけで、本当に夢のような時間でした」。夏の思い出を聞かれた上白石は「小学5年の夏、水泳教室の講習に通って規則正しい生活を送らされた毎日」と、実生活でも映画と同様に水泳少女だったことを明かした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ