本文へ移動

開業前 パトリア視察 ドンキ効果で新たなテナント期待

2021年7月28日 05時00分 (7月28日 10時08分更新)
オープンに向け準備が進むドン・キホーテ七尾店を視察する議員ら=七尾市御祓町のパトリアで

オープンに向け準備が進むドン・キホーテ七尾店を視察する議員ら=七尾市御祓町のパトリアで

  • オープンに向け準備が進むドン・キホーテ七尾店を視察する議員ら=七尾市御祓町のパトリアで
  • テナント確保に至っていない2階=七尾市御祓町のパトリアで

七尾市議会 2階閑散「あらら」

 七尾市のJR七尾駅前再生の鍵となる複合施設パトリア(同市御祓(みそぎ)町)で、三十日に核テナントのディスカウント店「ドン・キホーテ七尾店」が開業するのを控え、七尾市議会は二十七日、施設内の現状を視察した。オープンに向け着々と準備が進む状況を確認した一方、二階はテナントが確保できておらず、ドンキ開業の効果による新たなテナント誘致に期待する声も聞かれた。 (稲垣達成)
 議員十二人が参加し、市側の担当者から説明を受けながら館内を回った。市によると、開業準備中のテナントも含め一階には十四店舗、三階には七店舗が入る。一階で市が整備を進める里山里海キッチンは八月一日にオープン。テーブルにiPad(アイパッド)計二十台が設置され、利用者は遠隔で料理教室を受けられる。
 一方、二階はドンキの管理事務所が入るのみで、テナント確保には至っていない。フロア全体ががらんとした雰囲気で、議会側から「あらら」との声も漏れた。市側はドンキ開業を呼び水に、テナントを確保したい考えで、担当者は取材に、出店を検討する事業者があることを踏まえ「人の流れが読めず出店を決断できないとも聞く。ドンキオープンで何かしらの動きが出れば」と話した。
 市側は立体駐車場の消火設備の改修や照明器具の発光ダイオード(LED)化、授乳室を備えたトイレ整備なども紹介。今後一階から七階まで続くエスカレーターも稼働すると説明した。
 久保吉彦議長は視察後の取材に「二階がまるまる残っていて寂しかった。ドンキが開業してテナントが入ってくれることに期待したい」と語った。

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧