原巨人がドミニカ共和国出身の育成・ディプラン投手と期限ギリギリで支配下契約「菅野投手のようになりたい」

2020年3月31日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
支配下登録となったディプラン(左)とグータッチで笑顔を見せる巨人・原監督

支配下登録となったディプラン(左)とグータッチで笑顔を見せる巨人・原監督

  • 支配下登録となったディプラン(左)とグータッチで笑顔を見せる巨人・原監督
 巨人は31日、ナティーノ・ディプラン投手(26)と支配下契約を結んだ。26歳以上の外国人選手は育成契約初年度の支配下登録の期限は3月末となっており、ギリギリでの朗報となった。年俸は推定4万8000ドル(約500万円)。背番号は024から96に変わる。
 ドミニカ共和国出身で昨年11月の入団テストに合格。育成契約を結んでいた。先発として期待される右腕は自らの強みを「頭を使ったインテリジェントな野球ができるところ。菅野選手のような投手になりたい」と気合十分。原監督は「まだまだ伸びしろがある。東京ドームで大暴れすることを期待しています」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ