本文へ移動

吉村洋文知事はバファリンだけでなくロキソニンも「悪寒、全身倦怠感、関節痛…再び自分に負けて」服用

2021年7月27日 20時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉村洋文知事

吉村洋文知事

 大阪府の吉村洋文知事(46)が27日、自身のツイッターを連続して更新。新型コロナウイルスの2度目のワクチン接種に伴う副反応に関して、解熱剤を飲んでも38度台の発熱があることを明かした。
 吉村知事は自身のツイッターで26日に2度目のワクチン接種を終えたことを報告。27日には20時間後の経過として37・2度の体温計の画像とともに「1回目は何ともなかったんですが、2回目は少しきますね。微熱と全身倦怠(けんたい)感、風邪の初期症状みたいな感じ。自分に負けてバファリン飲みました」と投稿していた。
 さらにその約4時間後には38・0度の体温計の画像とともに「先程の微熱から少し上がってきました。症状は、悪寒、全身倦怠感、関節痛という感じ。自分に負けてロキソニン飲みました」。体温が上がって悪寒を感じるとともに、体の節々に痛みが生じていることを報告した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ