本文へ移動

【仮面ライダーリバイス】戸次重幸「どう転んでも息子に自慢できない」配役だが…「変身の夢」あきらめず

2021年7月27日 17時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「仮面ライダーリバイス」の制作発表会見に出席した出演者ら

「仮面ライダーリバイス」の制作発表会見に出席した出演者ら

 9月5日にスタートするテレビ朝日系「仮面ライダーリバイス」(日曜午前9時)の制作発表会見が27日、東京・東大泉の東映東京撮影所で行われ、主人公役の前田拳太郎(21)、声優の木村昴(31)、井本彩花(17)、戸次重幸(47)らが出席した。
 令和仮面ライダー第3弾で、仮面ライダー生誕50周年記念作品。前田演じる主人公の五十嵐一輝は、悪の組織・デッドマンの魔の手から家族を守るため、内に宿る悪魔・バイスと契約。いざというときには一輝が仮面ライダーリバイに変身、悪魔のバイスは仮面ライダーバイスに変身。一輝から出現したヒーローと悪魔の2体がタッグを組んでデッドマンに挑む―。
 前田は大役への抜てきを知らされた時から撮影までを振り返り、「事務所から『打ち合わせする』とLINEが来て、ドキドキしながら行ったらマネジャーに『決まりました』と言われた。企画書を読んで喜びとかプレッシャーとか感じて、怖くて不安があったけど、すぐに撮影が始まり、そんなこと考えているヒマがなかった」。
 どんなライダーになりたいかについては、「僕はずっと仮面ライダーになりたいという夢を持ってきた。先輩ライダーたちから夢をもらってきたので、リバイスは人に夢を与えられるようになりたい」と意気込んだ。
 バイスの声を演じて前田の“相棒”になる木村は「前田君は超マジメ。いろいろ果敢にやっている姿に心を打たれた。僕も『声優ってなんだろう』と見つめ直すきっかけになった。ベストパートナー」と絶賛した。
 女優の市川由衣(35)との間に5歳の長男がいる戸次は、「息子に自慢できると思って伝えたけど、売れないユーチューバーの役。どう転んでも息子に自慢できないと思ったけど、1年あるので変身の夢をあきらめていない」とアピールした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ