本文へ移動

【競馬】美浦トレセンのウッドチップコースで自動タイム計測始まる 小島師「目安になって良いのでは」

2021年7月27日 16時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウッドチップコースの自動タイム計測結果が表示された画面

ウッドチップコースの自動タイム計測結果が表示された画面

 ウッドチップコースの自動タイム計測が27日、美浦トレセンで始まった。台風8号が接近する強い風雨の中での運用初日となったが、大きな問題もなくコース入りした馬の調教タイムが無事計測された。
 運用開始に伴い国枝師は「内ラチ沿いと外ラチ沿いを走った馬では、特にコーナーで差が出そう。その辺が課題といえば課題かな。そのうち、もっと進んだ技術が出てくるんでしょう」と話し、小島師は「目安になって良いのではないか」と感想を口にした。
 自動計測の担当者でJRA情報システム部の山田賢彦さんは「台風の強風などでセンサーの位置がずれるなどの懸念もありましたが、無事に稼働できました。今年2月から順次コースにセンサーを設置し、試験を重ねて、そこで出た課題はつぶしてきました。今のところ不具合はありません」と順調な滑り出しにホッとした様子だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ