本文へ移動

サーフィン初代金メダルへ五十嵐カノア王手!銀以上が確定…トータル17.00で決勝進出【東京五輪】

2021年7月27日 12時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
準決勝、五十嵐カノアの試技(AP)

準決勝、五十嵐カノアの試技(AP)

  • 準決勝、五十嵐カノアの試技(AP)
  • 笑顔の五十嵐カノア(AP)
◇27日 東京五輪 サーフィン男子準決勝(千葉県・釣ケ崎海岸)
 五十嵐カノア(23)=木下グループ=が準決勝でガブリエウ・ムジナ(ブラジル)を破り決勝進出。メダル獲得が決まった。準決勝は第1ウェーブで7・67、第5ウェーブで9・33のトータル17・00とし、16・76の相手を破った。
 準々決勝から決勝まで行われる27日、五十嵐は午前7時開始の準々決勝でコロア・アンディノ(米国)と対戦。第2ウェーブで6・67、第4ウェーブで5・93を記録。トータル12・60とし、11・00だったコロア・アンディノを破り、準決勝進出を決めていた。
 五十嵐は25日の1回戦2組をトップ通過し、26日の3回戦へ。リオ・ワイダ(インドネシア)を破った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ