本文へ移動

【Dr'sサロン】備えて!デルタ株の流行  

2021年7月27日 05時00分 (7月27日 10時46分更新)
 新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、デルタ株(インド株)に置き換わってきました。アルファ株(英国株)は従来より感染力が43〜90%強く、さらにデルタ株の感染力はアルファ株より64%強いため、今後ますます感染者が増加すると考えられます。
 第三波以降、感染者に占める若い世代の割合が増えています。また、重症者では四十〜五十代の増加傾向が顕著です。
 一方で、六十代以上が感染者に占める割合は減少傾向が続いています。高齢者の感染者が減っている要因の一つとしては、ワクチンの接種率が高まっていることが考えられます。
 今後、デルタ株への置き換わりが進むにつれ、まだワクチン接種を受けていない四十〜五十代、働き盛りの重症者が増えることが懸念されます。加えて、これまで重症化の報告のなかった小児が重症になったという国内の報告もありました。
 振り返ると、感染はまず関東や関西で拡大。それから約三週間遅れて東海地方で広がる傾向があります。デルタ株に対してもワクチンの発症予防効果は分かっています。高齢者に続く世代の方、そして多くの人と接する機会のある方は接種を受け、さらにその後も感染対策を続けることで、デルタ株の流...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

医療ニュースの新着

記事一覧