本文へ移動

茅の輪くぐりで無病息災願う 小牧・田縣神社

2021年7月27日 05時00分 (7月27日 12時30分更新)
茅の輪をくぐる氏子ら=小牧市田県町の田縣神社で

茅の輪をくぐる氏子ら=小牧市田県町の田縣神社で

 小牧市田県町の田縣神社で二十五日、夏の病魔よけを祈願する茅(ち)の輪神事が営まれ、境内に直径二メートルの茅の輪が設置された。
 神事は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が旅先で宿を貸してくれた蘇民将来(そみんしょうらい)に、疫病がはやった時に茅の輪を腰から下げていると免れると告げたという故事が由来。同神社では毎年、氏子総代らが茅の輪を手作りして奉納している。
 この日は、宮司や氏子総代らが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報