本文へ移動

「愛甘水」しゃりしゃり 安城産ナシ、初の品評会

2021年7月27日 05時00分 (7月27日 12時14分更新)
ナシの出来栄えをチェックする審査員ら=安城市赤松町で

ナシの出来栄えをチェックする審査員ら=安城市赤松町で

 極わせ品種で安城市特産のナシ「愛甘水(あいかんすい)」の出来栄えを競う初めての品評会が二十日、安城市赤松町のJAあいち中央総合センター、梨選果場であった。
 愛甘水は果肉は硬めだが、甘みとこくのある味わいが人気という。この日は十八軒の農家が二十五点を出品した。愛甘水の開発者猪飼孝志さん(71)や流通関係者ら八人が重量や外観、食味を審査。選果機で糖度や熟し具合を測定した。
 猪飼さんは「今年は適度に雨が降るなど、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報