本文へ移動

【東京五輪ラグビー】日本は7人制男子で8強逃す 1次リーグ最終戦でカナダに大敗

2021年7月27日 09時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
タックルする松井(AP)

タックルする松井(AP)

◇27日 東京五輪 ラグビー 日本12―36カナダ(味の素スタジアム)
 7人制ラグビー男子の日本代表は1次リーグB組最終戦でカナダにも敗れて3戦全敗の4位となり、8強進出を逃した。27日午後からの9~12位決定戦に回る。
 8強進出にはなるべく点差をつけて勝ちたい日本だったが、開始直後のチャンスにスローフォワードと判定されると、3分、5分とカナダのブレイドに連続トライを献上。6分には危険なプレーでイエローカードを受け、数的劣勢となってトライを失い、0―19と大きくリードされて折り返し。
 反撃したい日本は後半キックオフ直後、羽野一志(30)=NTTコミュニケーションズ=がトライを返すが、その後はディフェンスが乱れて3連続トライを献上。残り0分、主将の松井千士(26)=キヤノン=が意地のトライを返したが12―36で大敗した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ