本文へ移動

五輪史上まれに見る大接戦…体操ニッポン新たな日の出へ「重みのあった0・103差」パリへ雪辱誓う【東京五輪】

2021年7月26日 23時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子団体総合決勝 表彰式で銀メダルを手にする(左から)谷川航、北園丈琉、萱和磨、橋本大輝

男子団体総合決勝 表彰式で銀メダルを手にする(左から)谷川航、北園丈琉、萱和磨、橋本大輝

◇26日 東京五輪 体操男子団体総合決勝(有明体操競技場)
 体操ニッポン連覇ならず、惜しくも銀―。3大会ぶりに金メダルを奪還した2016年リオデジャネイロ五輪から5年。橋本大輝(19)=順大、萱和磨(24)=セントラルスポール、谷川航(25)=同、北園丈琉(18)=徳洲会=で臨んだ平均年齢21・5歳の初出場4人衆が全力の演技で「銀」をつかんだ。金メダルはロシア・オリンピック委員会(ROCK)で得点262・500、日本は262・397。わずか0・103の差だった。
   ◇   ◇
 「体操ニッポン」の新たな日の出は頂点まであと一歩、0・103点届かなかった。それでも表彰台では若い4人が悔しさをにじませながらも胸を張った。萱は「悔しさもあるけど、チーム日本としては、やるべきことはやった。全員がミスなく演技をつなぐことができたことは価値があると思う」とすがすがしく振り返った。
 それぞれが持ち味を発揮した。もう一つのライバルの中国と回るローテーション。最初の床運動でトップを任された北園は着実に演技をこなし、14・600点の好スタートを切った。中国に流れが傾きかけた跳馬では、谷川が大技「リ・セグァン2」で一糸乱れぬ着地。萱も平行棒で谷川が戻した流れをつないだ。
 そして最終種目の鉄棒。先に演技を終えていた中国を抜くには14・598点以上が求められ、床運動に臨むROCのナゴルニーにプレッシャーをかけるにはさらに高得点が必要だった。それでも、橋本は「航さんも和磨さんも丈琉もミスなくつないできてくれて、僕が決めたい、いい演技して終わりたいという気持ちで、メダルの色なんか気にせずに、自分の今できる演技をしようと決めていた」と完璧な着地で15・100点。だが、2019年世界選手権個人総合王者のナゴルニーは崩れず、日本の祈りは届かなかった。
 頂点にはたどり着けなかったものの、五輪史上まれに見る大接戦を演じ、希望をつないだ演技は間違いなく心を打った。「この0・1はすごく重みがあるなと感じた。僕だけではなく他の3人も悔しいと思っているので、またパリに向けて頑張っていきたい」と橋本。この銀メダルはパリへの架け橋となる。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ