本文へ移動

栗山監督“恩師”の思い出は何時間でも語れる…「『関根監督』の存在がなければ、現在の私はいない」

2020年4月9日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
関根さんへの感謝を語った栗山監督(左)

関根さんへの感謝を語った栗山監督(左)

 プロ野球の近鉄で投手、野手として活躍し、大洋(現DeNA)とヤクルトでは監督を務めた関根潤三(せきね・じゅんぞう)さんが9日午前9時45分、老衰のため東京都内の病院で死去した。93歳。東京都出身。
▽日本ハム・栗山監督「関根さんとの思い出は何時間でも語れるほどお世話になりました。『関根監督』の存在がなければ、現在の私はいないと思っています。大した選手ではありませんでしたが、起用し続けていただきました。人を育てることの意味、人を育てるとはどういうことか、身をもって教わりました。本当の恩人でした」
 ▽同・荒木2軍監督「一見、優しそうな顔立ちをしていますが、とにかく厳しい方でした。ただ、ミスをしてもチャンスを与えてくれる監督でもありました。1992年、野村監督率いるヤクルトでリーグ優勝できたことは、関根監督が礎を築いてくれた賜物(たまもの)だと思います。関根監督の下でプレーできたことは私の財産です」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ