本文へ移動

亀梨和也、NHK初出演で初主演 「ワクワクしながら、主人公の鷹野が抱える核を大切に作りあげていければ」

2021年7月27日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHKのドラマ初出演にして初主演の亀梨和也

NHKのドラマ初出演にして初主演の亀梨和也

 人気グループ・KATーTUNの亀梨和也(35)が、9月25日スタートのNHKの土曜ドラマ「正義の天秤」(土曜午後9時、全5回)で、同局のドラマ初出演にして初主演をつとめることになった。
 大門剛明さんの同名小説をドラマ化。亀梨は元外科医の肩書を持つ弁護士・鷹野和也役で、徹底した合理主義者で天才的な思考力と推理力の持ち主。事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝。その娘から立て直しのために名門・法律事務所に招聘(しょうへい)され、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながら、くせ者ぞろいの戦力外チーム「ルーム1」を率いて数々の難事件の真相を暴く姿を描く。
 亀梨は「元医者の弁護士、なかなかレアなキャラクターですが、原作からいただく人物像と、監督はじめ、スタッフ、キャストの皆さんと作り上げていく、少し(?)特徴的なドラマならではのキャラクター像を楽しみ、ワクワクしながら、主人公の鷹野が抱える核を大切に作りあげていければと思っています」とコメントを寄せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ