本文へ移動

高校女子軟式野球が全国大会中止でも 中京大中京 悔いなき戦い 東海大会で全力プレー

2021年7月27日 05時00分 (7月27日 05時00分更新)
東海大会最終戦を終え、スタンドにあいさつする中京大中京ナイン=岐阜県揖斐川町健康広場で(同高提供)

東海大会最終戦を終え、スタンドにあいさつする中京大中京ナイン=岐阜県揖斐川町健康広場で(同高提供)

 第百三回全国高校野球選手権愛知大会で、高校球児たちの熱戦が県内各地で繰り広げられている。一方で高校の女子軟式野球は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今夏に予定されていた全国大会の中止が決まった。準優勝の経験がある強豪の中京大中京(名古屋市昭和区)軟式野球部女子チームは、全国制覇を目指せない悔しさを胸に抱きながらも、東海地区予選リーグを戦い抜き、最終戦も全力プレーで勝って有終の美を飾った。(大野雄一郎)
 六月上旬、中京大中京高校内の一室に集まった軟式野球部の女子部員たちは、土井和也監督から信じがたい言葉を聞かされた。「今年の全国大会は中止になった」。選手たちは涙をこらえ切れず、前田汐帆理さん(17)は「監督は何を言っているんだろう」と頭の整理が付かなかった。
 高校女子軟式野球の世界では、全日本女子軟式野球連盟が主催する学生選手権大会が「最後の夏」の舞台。だが、昨年に続き、今年も新型コロナが立ちはだかった。
 それまで全国制覇を目指してきた三年生七人は急きょ、ミーティングをして「東海地区予選を全力でやり切ろう」と目標を改めた。副主将の紀(き)美帆さん(18)は、同じクラスの硬式野球部の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報