本文へ移動

スタメンマスク狙うDeNAの戸柱は自宅でイクメンぶり発揮「子どもと一緒にアイロンビーズしている」

2020年4月10日 15時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自主練習するDeNA・戸柱(球団提供)

自主練習するDeNA・戸柱(球団提供)

 DeNAの戸柱恭孝捕手(29)が10日、横浜スタジアムで自主練習し、ノックや打撃練習で汗を流した。練習以外はほとんど外出しておらず、自宅ではイクメンに徹していることも明かした。
 「とにかく外出しないことを意識している。家族との時間が多くとれるので、子供の世話をしたり、子供と一緒にアイロンビーズをしたりして、リラックスしている」と球団を通じてコメントし、パパの素顔をのぞかせた。
 アイロンビーズとは、カラフルなビーズを並べて絵柄を作り、アイロンの熱で溶かして固める玩具。『ハマの金剛力士像』の異名を取るコワモテ捕手が、子どもと一緒に小さなビーズを並べる姿を想像するとほほ笑ましい。
 伊藤光の加入で出場機会が激減し、2年連続出場50試合以下に止まっているが、もちろん正捕手奪取を狙っている。自宅にも置いてトレーニング機器で毎日体を動かし、球場では「1月の自主トレや春季キャンプで取り組んできたことをやっている。体力面や技術面を落とさないよう、むしろ上げていく機会ととらえている。実戦がないので、今までの試合映像などを振り返っている」とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ