本文へ移動

五輪連覇の大野将平「この景色を目に焼き付けておこう」天井を見上げ偉業を噛みしめる【東京五輪・柔道】

2021年7月26日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武道館の天井を見上げる大野将平

武道館の天井を見上げる大野将平

◇26日 東京五輪 柔道 男子73キロ級(日本武道館)
 2016年リオデジャネイロ大会金メダリストの大野将平(29)=旭化成=が、決勝でラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)に勝ち、日本柔道で史上7人目、男子では4人目となる五輪2連覇の偉業を達成。男子は60キロ級の高藤直寿(28)=パーク24、66キロ級の阿部一二三(23)=パーク24=に続いて、3日連続の金メダル獲得となった。
 「ありがとうございました。リオデジャネイロオリンピックを終えて苦しくてつらい日々を凝縮したようなそんな一日の戦いでした」
 「私も29歳となってベテランと呼ばれるところまできたんですけど、この柔道の聖地、武道の聖地である日本武道館で試合ができることも少なくなってきているのは理解していたので、この景色を目に焼き付けておこうというふうに思って天井を見ました」
 「自分の中で不安でいっぱいの日々を昨年からずっと過ごしていたんですけど、この一日で報われたとは思っていませんし、私の柔道人生は続いていくので、今後も自分を倒す稽古を継続してやっていきたいです」
 「後半は厳しい戦いが続いて、このオリンピックという場で理想を体現することの難しさというのも感じましたし、私自身まだまだだなというふうに思いました。前回の東京オリンピックと縁があって、運命を感じる柔道人生だったのでそれが一番のモチベーションとなって今日までやってこれたと思います。混合団体まで気を引き締めて取り組みたいと思います」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ