本文へ移動

芳田司が順当に初戦2回戦一本勝ち 柔道メダルラッシュに続く【東京五輪・柔道女子57キロ級】

2021年7月26日 12時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
芳田司

芳田司

◇26日 東京五輪 女子柔道57キロ級2回戦(日本武道館)
 メダルラッシュが続く柔道。初出場の芳田司(25)=コマツ=が1分16秒、背負い投げの一本勝ちで初戦突破した。
 京都府出身。幼少のころ、やんちゃだったため両親に勧められて道場に通った。素質はすぐに開花。ユース、ジュニア大会で上位に食い込むようになり2014年全日本体重別57キロで優勝。初出場した17年の世界選手権では銀メダル。18年は金メダル。19年は銀メダル。今回は、そのキャリアが買われて代表入りした。
 「開催されれば金メダルを取る。そこに向けてしっかり準備したい」と話していた芳田。女子では阿部詩に続く頂点へ、第一関門は突破した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ