本文へ移動

「限られた時間と環境…より効率的に練習したい」DeNA三上が『集中』トレーニング誓った

2020年4月15日 10時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習するDeNAの三上(球団提供)

ブルペンで投球練習するDeNAの三上(球団提供)

 DeNAの三上朋也投手(31)が14日、自主練習が行われた横浜スタジアムのブルペンで21球を投げた。
 球団広報を通じて「限られた時間と環境なので、より効率的に練習したい」とコメントした。この日はランニングやノックなどでも汗を流し、「まだ開幕は不透明ですが、コンディションは維持していきたい。1日1日の短いスパンでの目標を1つずつクリアしていくことを心掛けています」と地道に調整していく考えを強調した。右肘手術の影響で昨季6試合の登板に留まった右腕は復肩に燃えている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ