本文へ移動

新庄剛志氏の特集が新型コロナの緊急速報で3分中断…バリ島移住生活に密着、筋トレの鬼だった新事実も

2020年4月16日 21時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新庄剛志氏

新庄剛志氏

 プロ野球復帰を目指す新庄剛志氏(48)が16日、フジテレビ系バラエティー番組「直撃!シンソウ坂上SP」(木曜午後7時57分)に出演。移住先のバリ島での生活に密着する特集が組まれたが、途中で新型コロナウイルス関連の緊急速報に切り替わり、3分近くにわたって中断する事態となった。
 安倍首相が緊急事態宣言の対象地域を従来の7都府県から全都道府県に拡大すると同日午後8時半過ぎに発表。CM明けに新庄氏の家賃3万円の自宅を紹介するところだったが、スタジオからの緊急報道番組に移行した。その後は通常の番組に戻った。
 新庄氏の特集では新たな事実も発覚した。現役時代はジーンズが似合わなくなるからと下半身の筋力トレーニングを拒んできたとされたが、「今だから言いますけど、チーム一やっていました。試合終わって、選手が全員帰って、警備員の人にカギだけもらって1人でやってました」とまさかの告白。その理由についても「人がいるところでやりたくない。監督・コーチがいるところでやりたくない。のほほんとしてやりたいタイプ。自信あります、やったっていう。今の自分に勝つという精神力を鍛えられた」とした。
 現地でも腹筋を毎日500回以上課しているという。バリ島移住の際に夫人に一方的に離婚を突きつけてバツイチになったことなども明かされた。
 新庄氏は阪神でプレーし、大リーグでも活躍。その後は日本ハムに所属し、2006年を最後に現役を引退した。ところが昨年11月に現役復帰を目指すと電撃表明。NPBからも自由契約選手と公示され、全12球団と自由に選手契約を結べるようになった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ