本文へ移動

プロ野球が交流戦の中止を決定…斉藤コミッショナー「今年は見送らざるを得ない」16年目で初の中止に

2020年4月17日 18時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
斉藤コミッショナー

斉藤コミッショナー

 プロ野球の12球団代表者会議が17日、オンライン上で行われ、5月26日から6月14日まで行われる予定だった「日本生命セ・パ交流戦 2020」を中止することが決定された。
 斉藤惇コミッショナーは会議後の会見で、「5月6日まで、全国に緊急事態宣言が発令されたと言うことで、選手のコンディションを考えても、5月中に開幕することは断念せざるを得ない。試合数もある程度削減せざるを得ない。日本シリーズまでの日程を考慮して、本日の会合で、日本生命セ・パ交流戦の開催を、今年は見送らざるを得ないという結論に達しました。ファンの皆様方にも早く伝えていかないとということで、本日決定しました」と説明した。
 交流戦は日本生命が特別協賛し、2005年から毎年15年間行われてきたが、中止は初めて。
 当初は、シーズン143試合の試合数を保持する考えだったが、新型コロナウイルス感染拡大がなかなか止まらない状況で、断念した。交流戦での削減を決断したことは「12球団の代表で話し合っての結果」という。

 球宴、クライマックスシリーズ(CS)の開催については、協議されなかったという。斉藤コミッショナーは「今のところギリギリでもやりたいとは思うが、状況を見ながら、ということになる」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ