本文へ移動

久保建英2戦連発「次もしっかり勝って3戦全勝で突破したい」【東京五輪サッカー男子】

2021年7月25日 22時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコ戦でゴールを決めて喜ぶ久保建英=AP

メキシコ戦でゴールを決めて喜ぶ久保建英=AP

◇25日 東京五輪 サッカー男子1次リーグ 日本2ー1メキシコ(埼玉スタジアム)
 日本はメキシコを撃破し、2連勝として8強入りに大きく前進した。久保建英(20)=レアル・マドリード=と堂安律(23)=PSVアイントホーフェン=のゴールで前半に2得点。反撃を1点に抑えて逃げ切った。メキシコは勝ち点3。同組のフランスは南アフリカに4―3で競り勝って初勝利を挙げ、勝ち点3とした。日本は28日の1次リーグ最終戦でフランスと対戦し、引き分け以上で1次リーグ突破が決まる。
 役者が違う。初戦の南アフリカ戦に続く2試合連続の決勝弾。久保建は「立ち上がりに、相手のつなぎのミスをしっかり奪って自分たちが前掛かりに攻められればと話していた」と、狙い通りの展開を振り返った。
 前半6分、右サイドバックの酒井がグラウンダーの縦パス。堂安が折り返したボールに対し、走り込んだ背番号7が左足ダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。難敵を2試合連続で倒し、1次リーグ突破に大きく前進。進撃を開始した日本の中心にいる久保建は「次の試合もしっかり勝って3戦全勝でグループリーグ突破したい」と胸を張った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ