本文へ移動

【侍ジャパン】無失点も…時折マウンドで首をかしげた田中将大「とらえられた打球もあったのでイマイチ」

2021年7月25日 22時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
強化試合の巨人戦に先発した田中

強化試合の巨人戦に先発した田中

◇25日 強化試合 巨人0―5侍ジャパン(楽天生命パーク宮城)
 世界を相手に勝負してきた男は、簡単には満足しない。先発の田中将大投手(32)=楽天=は初回からスプリットやツーシームを織り交ぜ、わずか26球で2イニング2/3を1安打無失点。ただ、時折マウンドで首をかしげたように、自身の投球には納得していなかった。
 「とらえられた打球もあったのでイマイチ。今日は、結果的にゼロに抑えることを主に投げたのではないので」
 普段使うプロ野球の統一球と大会公式球の違いに違和感はなく、何よりの不満は「自分の投げたボールに関してです」。新型コロナのワクチン接種に伴う副反応なども経験した。この日の感覚と現実の差は、残る時間で埋めるつもりだ。
 チームでは最年長世代の1人で、ただ1人メダルを逃した2008年北京五輪の悔しさを知っている。登板が有力視される決勝トーナメント初戦(8月1日か2日)に向け、投の柱は万全を尽くす。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ