本文へ移動

リオ王者ブラジル、まさかの0-0 コートジボワール相手に数的不利を耐える【東京五輪・サッカー】

2021年7月25日 20時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジル-コートジボワール戦が行われた日産スタジアム(AP)

ブラジル-コートジボワール戦が行われた日産スタジアム(AP)

  • ブラジル-コートジボワール戦が行われた日産スタジアム(AP)
  • コートジボワールと引き分けたブラジル代表
◇25日 サッカー男子1次リーグ ブラジル0―0コートジボワール(日産スタジアム)
 カナリア軍団が、思わぬ苦戦を強いられ、まさかのスコアレスドローだ。前半13分、ブラジルのMFドウグラスルイスがカウンターで攻め上がるコートジボワールの選手を倒し、VARの確認を経て、レッドカードで退場。70分以上を残し、数的不利の状況を迫られた。
 だが、リオジャネイロ五輪王者はただでは転ばない。その後も、流れるようなパスワークでコートジボワールより多い好機を作り出し、数的不利を感じさせない戦いを披露。前半終了間際には、FWアントニが強烈な左足シュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれた。
 後半34分にはコートジボワールのMFクアシが2枚目のイエローカードで退場し、10対10の戦いとなった。終了間際まで、ブラジルが度々ゴールに迫ったが、スコアは動かなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ