本文へ移動

阿部詩 金メダル!日本勢初の五輪女子52キロ級金 抑え込み一本勝ち「やっと報われた」【東京五輪柔道】

2021年7月25日 18時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阿部詩

阿部詩

◇25日 東京五輪 柔道女子52キロ級(日本武道館)
 五輪初出場の阿部詩(21)=日体大=が金メダルを獲得した。決勝ではゴールデンスコアの延長戦に突入する激闘となり、欧州女王のアマンディール・ブシャール(フランス)を抑え込んで一本勝ちした。女子52キロ級での日本勢の金メダルは初。
 一本まで奪わなくても決着していた。それでも、阿部は一本勝ちに執着し、抑え込みを解かず、日本の柔道を貫いた。「努力がやっと報われた。(相手は)ライバルであり、尊敬する選手。最後の相手にふさわしいなと思っていた。(この階級で初の金メダル)私が絶対に金メダルを取ってやろうと思っていた」
 2018、19年の世界選手権を制し、今年に入ってからは3月と5月のグランドスラムで2度優勝した阿部はこの日、男子66キロ級の兄・一二三とともに出場。初戦の3回戦でラリサ・ピメンタ(ブラジル)、続く準々決勝でチェルシー・ジャイルズ(イギリス)に勝利。準決勝では2016年リオデジャネイロ大会銀メダルのオデッテ・ジュフリダ(イタリア)を延長戦の末に破り、「きょうだい同日金メダル」へ前進していた。
 この階級での過去の最高成績は1992年バルセロナ五輪での溝口紀子、2000年シドニー五輪の楢崎教子の銀メダルだった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ