本文へ移動

あす日本バンタム級王座決定戦 定常「澤田選手は井上選手以上ではない」澤田も負けじと闘志【ボクシング】

2021年7月25日 17時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで取材に応じた澤田

オンラインで取材に応じた澤田

  • オンラインで取材に応じた澤田
  • オンラインで取材に応じた定常
 ボクシング日本バンタム級王座決定戦(26日、東京・後楽園ホール)の前日計量が25日に東京都内で行われ、同級1位の澤田京介(33)=JB SPORTS=と同級2位の定常育郎(23)=T&T=がともに53・5キロでクリアした。戦績は澤田14勝(6KO)2敗1分け、定常11勝(4KO)4敗3分け。
 定常はサウスポー対策を行っていたWBA・IBF統一バンタム級王者、井上尚弥(大橋)のスパーリングパートナーとして4、5月に約30ラウンドにわたって拳を交えた。「出入りの早さなどで自分のボクシングができた場面もあった。澤田選手が井上選手以上なわけはないので、その時のイメージを試合に持っていこうと思います」と自信を見せた。
 対する澤田は2019年10月の挑戦者決定戦を制したが、そこから王者の引退と新型コロナウイルス禍が重なり実に21カ月ぶりのリング。「ずっと試合前の緊張感を保って練習できた。長い空白期間でしっかりレベルアップしたところを見せたいです」と気合を入れた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ