本文へ移動

阿部一二三も銀メダル以上確定 日本勢夏季五輪初「きょうだい同日金メダル」王手【東京五輪柔道】

2021年7月25日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子66キロ級準決勝を突破し、引き揚げる阿部一二三

男子66キロ級準決勝を突破し、引き揚げる阿部一二三

◇25日 東京五輪 柔道男子66キロ級(日本武道館)
 今回が五輪初出場の阿部一二三(23)=パーク24=が準決勝でダニエル・カリグニン(ブラジル)に一本勝ち。この後に行われる決勝への進出を決めて銀メダル以上を確定させ、日本勢の夏季五輪史上初となる「きょうだい同日金メダル」に王手をかけた。
 世界選手権を2度制したほか、グランドスラムで9度の優勝を誇る阿部の東京大会で目標は金メダル。24日の男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿(28)=パーク24=に続いて男子柔道に勢いをつけることとともに、女子52キロ級に出場している妹の詩(21)との同日獲得を期待されている。今大会は初戦の準々決勝で初戦の3回戦でキリアン・ルブルーク(フランス)、準々決勝でバスフー・ヨンドンペレンレイ(モンゴル)を下して、詩とともに準決勝に進出した。
 1996年のアトランタ大会からこの階級となった男子66キロ級で金メダルを獲得すれば、2008年北京大会での内柴正人以来。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ