本文へ移動

【中日】課題の得点力アップへ与田監督「前半やっていなかったことをどんどん取り入れてみよう」ケース打撃を実施、打者に意識改革を求める

2021年7月25日 15時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・与田監督

中日・与田監督

 中日・与田剛監督(55)が25日、野手を対象に、試合へ向けた意識改革を求めた。アウトカウントや走者の有無などを決めたケース打撃を実施。「前半やっていなかったことをどんどん取り入れてみようと。意識を促すメニューです」と意図を説明した。前半戦249得点はリーグ最低。トップ巨人の357得点から100点以上も差をつけられた。右打ちや進塁打など場面に応じた打撃で得点力を向上させる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ