本文へ移動

上野由岐子、強すぎる球威! 異例のバット真っ二つ…打者のカナダ選手もあぜん【東京五輪ソフトボール】

2021年7月25日 15時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
上野由岐子

上野由岐子

◇25日 東京五輪 ソフトボール1次リーグ 日本―カナダ(横浜スタジアム)
 4戦目のカナダ戦は満を持して日本のエース・上野由岐子投手(39)=ビックカメラ高崎=が中2日で先発した。
 初回を三者凡退に抑えた後の2回1死一塁に上野らしさを披露。カナダの6番・ポリドリの打球は投手へのハーフライナーになり、上野はつかむと一塁へ送球。一走が帰塁できず併殺にしてピンチを切り抜けた。上野の内角の威力あるボールにバットが真っ二つに折れたため、ポリドリもあぜん。
 ソフトボールではバットが折れるのは異例。上野の球威を証明した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ