本文へ移動

早実敗退…国学院久我山のバント攻撃に沈む 主将の清宮福太郎は「プロとかは全然考えていない」大学でプレー続行【高校野球西東京大会】

2021年7月25日 15時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
早実の清宮福太郎主将

早実の清宮福太郎主将

◇25日 第103回全国高校野球選手権西東京大会5回戦 国学院久我山10―4早実(スリーボンドスタジアム八王子)
 甲子園への最後のチャンスがついえた。日本ハムでプレーする幸太郎を兄に持つ、早実主将の清宮福太郎外野手(3年)は「力負けかなという感じがしています」と悔しさをにじませた。1年夏、今春に続いて国学院久我山に負けた。「1年夏にもサヨナラホームランという悔しい負け方をしていて、3度負けることはいけないとみんなに話していたんですが…」
 国学院久我山のバント攻撃に守備がかき乱された。6つのスクイズを含む12バント(うち内野安打4本)を決められて10失点。清宮は2本の本塁打が飛び出した5回に三遊間を破るヒットで反撃ムードを高めたが、1安打2四球で、この夏はノーアーチに終わった。進路は「大学しか考えていないというか、プロとかは全然考えていない」と明言。ドラフト7球団競合で日本ハムに1位入団した兄とは違う舞台での出直しを誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ